2013年11月アーカイブ

プロミス 本人確認

あなたは現在、消費者金融でのお借入を検討していらっしゃるでしょうか。
当面は必要ない、消費者金融から借りるのは恥ずかしいと思っていらっしゃる方は結構多いのではないでしょうか。
また経済不況は何が起こるかわからない世の中で、いつどんなときに思わぬ出費があるかわかりません。
ちょっと足りない時、あるいは大きな夢のため、いざというときのために、消費者金融への申し込みだけでもしてみませんか。
消費者金融の中でもプロミスは安心できる企業です。
審査スピードが早く、低金利で、スタッフの接客がとても行き届いています。
また社会的貢献にも力を入れている優良企業です。
プロミスと契約するときには本人確認書類を提出する必要があります。
運転免許証が最も良いのですが、運転免許証をお持ちでない方は健康保険証やパスポートでも可能です。
いずれも有効期限内のものに限られます。
上記の本人確認書類に書かれている自宅住所と現在住んでいる住所が違うときは、公共料金の領収書か請求書、納税証明書、住民票の写しなどプロミスが指定した書類が別途必要です。
いずれも発行日から6ヶ月以内のものが認められます。
インターネットでプロミスと契約したい方はこれらの書類を画像にして提出します。
写メやスキャナで撮ったものでOKですので、事前に準備しておくと良いですね。
画像はプロミスが指定したメールに添付して送ります。
また郵送で契約する場合は書類をコピーして送ります。
その際画像や書類のコピーは返却されませんのでご了承ください。

水商売をしていますがプロミスでキャッシング出来ますか?
プロミスでは、借入れが可能な人の条件として、安定した収入のある方としています。
ですから、安定した収入がありさえすれば、職業を問われることはないのです。
主婦や学生、水商売の方、夜のお仕事の方でも、プロミスでキャッシングすることが出来ます。
ただ、過去に借入れをして返済を滞納したり、遅延を繰り返したりという、キャッシング事故を起こしていなければ大丈夫です。
しかし、安定した収入がある方でも、すでに他に複数の借入れがある場合は、審査に通るのが難しいようです。
水商売や夜のお仕事の方は、比較的高収入のようですが、収入が多くても審査に通るとは言えません。
転職を繰り返していると、仕事が途切れることなくあったとしても、また、いつ仕事を辞めるかわからないとみなされ、審査に通りにくいようです。
また、現在、キャッシングの借入件数や借入金額の多い方は、新規でのキャッシング申込みは難しいようですよ。
それは、水商売や夜のお仕事という職種には関係なく、一般の会社に勤めている方にも言えることですよね。
キャッシング会社は、貸したお金は利息を付けてお客様から返してもらわないといけないので、安定した収入がない人は、いつ返せなくなるかわからないので貸せない、ということになるのです。
ですから、水商売などをしている方でも、同じお店に何年か勤めていて、安定した収入があれば、プロミスでキャッシングすることが出来るのです。

私は現在3社の消費者金融から65万円の融資を受けています。
8年間使用していたテレビが壊れてしまい、思い切って新しいテレビを購入する事にしたのですが、貯金も無く、クレジットカードも所持していなかったので、借り入れのあるプロミスで追加融資の申請をしに行ったのです。
手続きはプロミスの事務所に直接伺いました。必要書類に希望限度額を書き込む欄があり、現在20万の枠いっぱいの借り入れをしていましたので、30万と記入しました。他に他社借入の記入欄があり、会社名と借り入れ金額を書かなければならなかったのですが、印象が悪くなると思い、無しと書き込んでしまったのです。
全ての必要事項を記入し、審査待ちとなったのですが、10分ほど経ってから担当の方がこちらの2社に合計45万円の融資を受けていらっしゃいますねと質問されてしまいました。
融資を受けやすいように他社借入は無しと書いたのですが、コンピュータで借り入れ状況を把握できるようになってたようです。
融資を受けようとする場合、追加融資に限らず、新規の申し込み書類でも全て正直に書き込むことが融資への第一歩だとその時知りました。

プロミスでキャッシングした際の返済方法って何がありますか?
プロミスでは、お客さまが自分の都合で返済方法を選択できるように、7種類の返済方法が用意されています。
返済方法はパソコンや携帯・スマートフォンのインターネットを利用しての返済や、銀行振込、口座振替、プロミスATM、提携ATM、コンビニ、お客様サービスプラザの窓口で返済する方法があります。

お持ちのパソコンや、ケータイ・スマートフォンのインターネットから返済すれば、わざわざ出かけることもなく、返済することが出来るのでとても便利です。
インターネットなら、365日・24時間いつでも返済が可能です。
土日や金融機関の営業時間なども気にしなくて良いのです。

また、口座振替もわざわざATMや窓口まで、出かけることなく返済できます。
三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば、プロミス審査のインターネット会員サービスから申込みをすればすぐに利用できます。
毎月の返済日に、口座から自動引落しされるので、残高をきちんと返済額以上にしておけば、何もすることはありません。

コンビニでは、ローソン・ファミリーマートなら、返済は24時間いつでもできます。
イーネットATM・ローソンATMを利用して返済する場合は手数料がかかりますが、ローソンのLoppi・ファミリーマートのFamiポートを利用して返済すると、手数料はかかりません。
さらに、プロミスATMや提携ATMは、全国にたくさんありますので、お近くのATMを利用して返済することができます。

プロミス

消費者金融大手として業界を常にリードしている「プロミス」は三井住友ファイナンシャルグループです。

そのため、経営基盤が安定しており、大変安心感のある消費者金融です。

とかく「怖い」と思われがちな消費者金融ですが、徹底した社員教育で丁寧な接客を心がけていますので、いざというと時に強い味方となってくれます。

サービスも大変充実しており、審査が素早く、低金利である他、さまざまなニーズに合った商品を取り揃えています。

審査も大変早く、ネットでの申し込みならその日のうちに借り入れができます。

店頭で担当者とじっくり相談しながら借り入れを行うこともできます。

プロミスは消費者金融業界の中でも業界屈指の低金利です。

さらに初めて利用する方は30日間の無利息キャンペーンが適用されるので大変お得です。

プロミスではフリーキャッシングや目的別ローンがとても人気のある商品です。

他の消費者金融では借り入れが出来ない人でもプロミスでは20歳以上で安定した収入があれば正社員でなくても申し込むことができます。

主婦やパートの方でも安定収入のある方なら利用可能です。

また女性へのサービスも積極的に展開しています。

もちろん原則的には無担保・無保証です。

プロミスは7月1日に「SMBCコンシューマーファイナンス」として社名変更を行いました。

旧社名の「プロミス」については今後もサービス・ブランドとして継続され、ますます信頼・安定した会社を目指しています。

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。